このWebページのCookieについて

このWebサイトでは、Cookieを使用してオンライン体験を向上させています。Cookieの設定を変更せずにこのサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用について承諾したものとみなされます。詳しい情報を確認する、またはCookieの設定を変更するには、 Cookieポリシー をご覧ください。

ご使用のプラットフォームと購入を選択します。
10ライセンスと料金の1ヶ月無料でお試しください。
使用目的は何でしょう?
CogniFitへようこそ! 研究者のためのCogniFitへようこそ! CogniFit Healthcare CogniFit で会社を成長させましょう! CogniFit Employee Wellbeing

個人アカウントを作成することになります。このタイプのアカウントは、あなたの認知能力の評価とトレーニングに役立つように設計されています。

患者管理アカウントを作成します。このアカウントは、医療専門家 (医師、心理学者など) の診断と認知刺激を支援するように設計されています。

ファミリーアカウントを作成することになります。このアカウントは、ご家族の方にCogniFitの評価やトレーニングにアクセスできるようにするために設計されています。

研究用のアカウントを作成することになります。このアカウントは、認知分野の研究者の研究に役立つように特別に設計されています。

学生管理アカウントを作成することになります。このアカウントは、子供や若い学生の認知障害の診断と介入に役立つように設計されています。

会社管理アカウントを作成します。このアカウントは、従業員が CogniFit の評価とトレーニングにアクセスできるように設計されています。

開発者アカウントを作成します。このアカウントは、社内で CogniFit の製品を統合するように設計されています。

loading

ご自身でご使用になる場合(16歳から)。16歳未満のお子様は、CogniFit ファミリープラットフォームをご利用いただけます。

CogniFitに登録し、使用する際には、使用規約 と CogniFitにおけるプライバシー方針を読んで理解し同意します。

下記の QR を携帯電話でスキャンして、モバイル アプリから登録すると、外出先でも非常に便利にアクセスできるようになります。

体験を向上させましょう!

携帯電話をお持ちでない場合は、こちらからサインアップしてください

私たちのアプリをデバイスにダウンロードしてお楽しみいただくために

Huawei App Gallery

携帯電話をお持ちでない場合は、こちらからサインアップしてください

corporativelanding_Demencia_social_picture

痴呆

認知機能の低下

このページは情報提供のみを目的としています。病気を治療する商品は販売しておりません。病気を治療するためのCogniFit製品は現在検証実施中です。ご興味がある場合は、 CogniFit研究プラットフォームにアクセスしてください。
  • 神経心理学プログラムにアクセスします。

  • あなたの認知度を評価し、人口と比較します。

  • あなたのニーズに応じてあなたのスキルを訓練しましょう。試してください!

今始める
loading

認知症は、診断の文脈において使用されるように、認知機能(例えば、短期及び長期記憶、注意力、執行機能と推論)の低下および損失を意味し、それは、アルツハイマー病、レビー小体病(例えば、パーキンソン病)、脱髄障害(例えば、多発性硬化症)、または、アルコール中毒やHIV(AIDS)などの幅広い神経変性疾患を伴う可能性があります。これらのケースは、化学療法のような特定の治療法が脳に与える効果とは異なります(この場合の結果は脳化学療法です)。

これらの疾患は全て、人によっての減損のレベルに特定の認知機能低下に関連しています。、CogniFitで測定する認知能力は多数の研究によって検証され、ユーザーのメモリまたは注意など認知能力の低下に対しての援助プログラムが役立つと勧めております。

私たちはその影響の深刻さを考慮すれば、病気に応じて、中等度および重度の中等度から軽度から行くことができ、方法で、日常生活に干渉することが出来る事をよりよく理解出来ます。世界保健機関 (OMS) は神経診断医のため、重症度を3つのレベルで認知症に分類しております。認知症の重症度のレベルを決定するために、神経診断医は、患者とその家族へのインタビューに加えて、神経認知評価とスケールを使用します。重症度の3つのレベルは、以下に記載されています

  • 第一レベル軽度の認知症、人は家族の集まりに参加することができ、日常的な活動を行い、独立して生きることを学びました。しかし、認知困難、それが新たな状況になる場合は特に、明らかです。例えば不注意とか、どこにいたか、時間や待ち合わせ時間を忘れるなど
  • 第二レベル中等度の認知症、記憶喪失は、人が独立して生活する能力を失うほどになります。毎日よく行う作業以外は出来なくなります。新しい情報は、短期間のみ維持されます。新しい情報は、時間の少量のみ維持されます、時には数秒のみ。人は、自分のお住まいのアイデンティティ、作成したばかりの活動やその親族の名前についての情報を思い出すことができません。
  • 第三レベル - 重度認知症、記憶喪失は、言語的および非言語の両方は、ほぼ完全です、なので新しい情報を思い出すことができません。ほとんどすべての以前から知られているが、忘れてしまいました。対象は、彼の最も近い親戚を認識しません。

なぜ一部の人々は、認知症の神経生物学的病態を体験するのしょうか、他の人が、同じ神経生物学的病態で、自律的かつ自給自足の生活を維持することができるという悲劇的、それは我々が21世紀に見つける事が出来る最大の謎の一つです。

継続的な学習によって蓄積された知識である認知予備軍は、認知症の発症に対処する上で重要な役割を果たしているようです。継続的な学習は、新しい状況によって引き起こされる課題に対応するために、脳の神経活動を修正することを教えます。したがって、新しいスキル(踊る、絵を描く、新しい言語を話すまたは楽器を演奏するなど)を学んだり、脳トレなどで未開発の認知機能を訓練することは、認知症がもたらす課題に直面したときに、神経回路を再考し、再調整するために必要な適応能力を脳に与えます。

リファレンス

James Siberski, Evelyn Shatil, Carol Siberski, Margie Eckroth-Bucher, Aubrey French, Sara Horton, Rachel F. Loefflad, Phillip Rouse. Computer-Based Cognitive Training for Individuals With Intellectual and Developmental Disabilities: Pilot Study - The American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementias 2014; doi: 10.1177/1533317514539376

Korczyn AD, Peretz C, Aharonson V, et al. - Computer based cognitive training with CogniFit improved cognitive performance above the effect of classic computer games: prospective, randomized, double blind intervention study in the elderly. Alzheimer's & Dementia: The Journal of the Alzheimer's Association 2007; 3(3):S171.

Shatil E, Korczyn AD, Peretzc C, et al. - Improving cognitive performance in elderly subjects using computerized cognitive training - Alzheimer's & Dementia: The Journal of the Alzheimer's Association 2008; 4(4):T492.

メールアドレスを入力してください。